さくら薬局は医薬品を通して地域に貢献しています

処方箋調剤・一般医薬品

さくら薬局
食中毒予防3原則
1.菌を付けない
○まな板、包丁、食材など、洗えるものは全て流水でよく洗う。
まな板を洗わずに複数の食材を扱うと、食材に細菌をばらまくことになります。まな板のキズは特に細菌がたまりやすいので、洗剤などでよく洗い、よく乾かしましょう。洗った後に日光に当てるのも効果的です。
2.菌を増やさない
○食品の長期保存はしない。
菌は冷蔵庫では死なないし、低温で増殖できる食中菌もいます。
○食材は調理の直前まで冷蔵庫で保存する。
室温に長期間放置すると、眠っていた菌が増殖を始めます。
○冷蔵庫の扉の周囲に気を配る。
庫内の温度が上がると菌の増殖が始まります。
○お弁当はよく冷めてからフタをする。
温かいうちにフタをするとお弁当箱の中は
食中菌が繁殖しやすい環境になります。
3.菌を殺す
○加熱調理は食中毒予防に最も効果的!
食品の中心部までしっかり加熱しましょう。
○消毒薬をうまく利用する。
アルコール・・・食器、器具、冷蔵庫など

アルコール消毒について
○方法    
1、汚れを洗剤等できちんと取り除きましょう。    
2、そしてよく水洗いし、水分を取り除きます。    
3、その後、アルコールを霧吹きなどで噴霧、またはティッシュなどにアルコールを含ま せて拭く。
4、そのまま自然乾燥でOK!
○ポイント
   
・アルコールは菌の消毒効果は迅速ですが、揮発すると効果がなくなる持続がないの でこまめに消毒しましょう。
○活用方法    
・冷蔵庫や調理器具などの消毒    
・生ごみの防臭    
・ガスコンロ、換気扇の油汚れ         
注意!! アルコールは引火しやすいので、火気厳禁です!!
Copyright(C)2015 SAKURA GROUP CO.,Ltd. All Rights Reserved.